2017.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2017.05

国体終わりました。
19日、女子Bの競技が無事に終りました。

前の晩から大雪で朝起きたら40センチくらいの積雪。
男子Bが行われた午前中は吹雪でどうなるかと思ったけど少年女子・女子Bが始まる頃には快晴!

バーン状況は完璧すぎるくらい完璧!!!!
競技始まる前日まであんなにフカフカぼこぼこだったのに
人力でポリタンク900個分の水を急斜面にまいたとかで、菅平(もしくは茨城の技術選予選のときの岩鞍)の3倍くらい硬いイメージの バーンが出来上がってました。

さすが新潟!

やってくれるぜ。

それでインペと頻繁に入るコース整備と何百人滑って更に磨かれて

急斜なんて脳天まで響きそうな青氷。


ゼッケンが何番でももはや変わりません。

コースはまったく荒れません。

荒れたのは自分の滑りだけです。





スタート地点での情報。

『しおり(茨城の少年女子の子)靭帯切った。』やら

『前走まで靭帯切った』やら

『3旗門目はとにかくしこたま落とされる』やら

『急斜面はどうにもならない』やら

『スキーになるのは下のスルー終わってからだ』やら

ネガティバー全開な情報しかあがってきません。




県のコーチのアドバイスも

『5旗門目までなんとかリズムとってこらえろ』





OK−。おーーーけーーーー。


つまりそーゆーことね。


急斜やられまくっても諦めないで攻めるってコトねー。


いける気がスルー!

ってスタートたって、茨城’sのでっかい声援を背中に受けて飛び出しました。






このあとは動画でお楽しみください。

音量上げると面白いと思います。










つまり・・・




転んでしまいまてぃたーーーーーー!



あはは。


最終結果は26位。


順位はまぁ、もはやどうでもいいけど・・・

やれるだけやったから悔いもないけど・・・





しかし、ゴールしてみんながやけに優しくて

もっと苛められるかと思ったのに

・・・ぐっときました。



大好き茨城ちーむ。


そして、大学時代からお世話になっている(普段なかなか誉めてくれない)中川コーチからも

『ヨレゴケしたけど、なかなか良い滑りだった。スピードもあった。まだ楽しめるよ。また頑張れ。』

ってメールもらえて、本当に嬉しかったです。


また、来年に向けて頑張りたいと思いました。


現地から

遠方から

応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。


しつこく来年も挑戦したいので、またこれからも応援よろしくお願いします!
【2009/02/21 19:23 】
| snow | コメント(12) | トラックバック(-) |
トップへもどる
<<国体を振り返る(長文注意) | ホーム | キム兄>>
コメント
おつかれー!
あれくらい音声あると面白いネー。

怪我が無くて何より。
次は技術選がんばってくださーい。
【2009/02/21 19:36】
| URL | kawam #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
>>kawamさん

転んだときにはいたが引っかかってて、ああ!靭帯ヤバイってぞっとしてとっさに足上げましたもん!!

でも、本当にやばかったのは最後の法の足上げたターンのあと、瞬間的に足とられたときでしたね。

アーーーーーー!今度こそやってまうーーーーって。

やらなかったけど。

九死に一生でござる。
【2009/02/21 21:25】
| URL | おかみち #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
おつかれー♪

26位と自己ベストオメデト。


靭帯やっちゃうのは…

損傷でもって変な音伝わるし…。モウヤリタクナイ。

とつくづく思っておる次第の自分(笑)
後骨折も…(泣)

おかみち様は柔軟な体だから怪我しにくいのかな?
【2009/02/22 00:32】
| URL | まささま #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
お疲れさまでした。成績結果だけではわからない現場の状況が伝わってきて、心を動かされました。県連のブログにて紹介させていただきます。これからも頑張ってくださいね。
【2009/02/23 00:31】
| URL | もりもり #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
著作権(笑)
お疲れちゃん!
前走まで靭帯やってたの?うちらの前走?
いやぁー、、誰の話を聞いてもやっぱり上の急斜はもう降りればOKって感じだね。安心した(笑)
中川氏優しすぃーーー
あたしなんて「出直し!」の一言・・・
まぁ、あの滑りじゃ仕方ない。
あたしも来年もまたがんばりたくなってしまった。。。
【2009/02/23 09:12】
| URL | メグ #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
>>まささま
いやーーーーーーー!

全然メデタクナイッス!!

あのこけた1旗門を通過するのに9秒とかかかってるし!!

あーーーーー、もっと強靭な肉体を作らなければ・・・
【2009/02/23 10:59】
| URL | おかみち #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
>>もりもりさま

いつもありがとうございます!

頑張ったんですけど、もう一踏ん張りが利かず転んでしまいましたー。
来年は、もっと強靭な太ももをゲットして臨みたいと思います!!

現地では各々いろいろなドラマがありましたよ。
普段、めっちゃ速いのに斜面にびびっちゃった木村さんとか(笑)
【2009/02/23 11:04】
| URL | おかみち #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
>>メグさん

著作権侵害はなはだしいですよね、この文(笑)
あとで、『クローズアップメグさん』記事書いていいっすか??
もちろん動画つきで!

怪我した前走はたぶん少年女子の前走かな?
つまり同じコースだよ。

あの3旗門目がとにかく鬼門だったなー。
本当にしこたま落とされた。
しこたま落とされるって聞いてなかったら、
『ああもうダメだ』って思ってたかも。


来年のテイネも急斜面て聞いたけど、またこんな感じになるのかしら?
でもでもでも、これで荒れてたら本当にどうにもならなかったですよね。
硬すぎるほど硬かったけど、新潟県ありがとうですよー。
【2009/02/23 11:11】
| URL | おかみち #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
滑りの動画以外だったらOK(笑)
あたしは既に2旗門目で、横滑りでガァァァァーーーーーってなった。
もうその時点で「ゴメンナサイ」って思った。
テイネはN氏いわくもっと急で急斜面が長くて青氷だって。
つまり苗場よりスゴイってこと!
めっちゃ楽しそうー(笑)
【2009/02/23 13:57】
| URL | メグ #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
怪我しないで無事帰ってきたみたいですね。こけそうに成った所で、あきらめないで降りてきたのがえらい!
【2009/02/23 19:48】
| URL | ドンキー #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
>>メグさん

動画無理かー。
それは残念だな・・・

そしたら、『女神』ねたで紹介するしかないな(笑)

【2009/02/23 21:53】
| URL | おかみち #- [ 編集] |


------------------------------------------------------
>>どんキーさん

こけそうになったって言うか、完全に転んでますけど(笑)

左ターンで内倒して左側に倒れて、起きたと思ったらスキーがクロスしちゃって今度は右に倒れて、靭帯切れると思ったんで板上に上げて開放したし。

で、もっと落とされるかと思ったら意外とまだコース上にいたので、とりあえず再スタートしたって感じです。

ビデオで見るとこの間9秒だけど、自分の中では30秒くらいに感じました。

あーーーーーー、やっちまったーって感じでゴール。
恥ずかしいので、一目散に逃げました。
【2009/02/23 21:57】
| URL | おかみち #- [ 編集] |


------------------------------------------------------ トップへもどる
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トップへもどる
| ホーム|